IPOは主幹事でも簡単には当たらない

IPOは非常に注目度が高い銘柄であり、案件によっては初値高騰が確実視されるものも少なくありません。
そのため、そのようなIPOを公募価格で手に入れることができれば、ノーリスクで大きな利益を手にすることができるわけですから、誰もが欲しがるプラチナチケットとなるわけです。
申し込みが殺到すれば抽選となるわけですから、IPOというのは簡単には当たらないものであり取り扱いの一番多い主幹事ですらなかなか当たらないということは珍しくありません。

初値が期待できる銘柄というのは公募枚数が少ないことが多く、主幹事であってもその割り当てがそれほど多くなく、それに対して申込者の数は非常に多いものとなりますから、主幹事であったとしても当たらない人の数の方が多数ということになってしまいます。
そしてその主幹事ですら当たらないということは、それ以上に枚数の少ないその他の証券会社ともなれば当選は更に狭き門となってしまうことになるのです。
逆に当たりやすい銘柄というのは枚数が多かったり、公募割れの可能性が高い銘柄となりますからこのような銘柄の場合、主幹事以外であっても当たりやすいということも多いのですが、当然IPOの大きな利点である初値で大きな利益を手にすることができるという可能性も少ないものとなっていますから、このような銘柄はあまり旨みのあるものとはいえないものとなってしまうのです。
IPOは当選すれば大きな利益を期待することができる一方で、それだけ競争が激しいものですから簡単にあたるものではありませんが、IPOの抽選の参加には費用がかかりませんから無料で参加をすることができる宝くじ気分で参加をするのがよいでしょう。