IPOの流れをつかむまでは数量を抑えて訓練を

IPOは公開価格で手に入れることができれば、銘柄によってはそれだけで数十万円と利益を手にすることができます。
前評判の高いもので公開価格を割ってしまうということはほぼないものとなっているだけに、IPOというのは公開価格で手に入れることができればノーリスクで利益を出すことができるものとなっています。

しかし、セカンダリーとして参戦するのであれば話は別でこちらに関しては株価の乱高下が激しく、ハイリスクハイリターンの取引となってしまいます。
そのため、IPOにセカンダリーで参戦をする場合には数量をできるだけ抑えて流れを掴む訓練をしてから、数量を増やすようにしましょう。
上場直後の株価というのはプロでも予測がつきづらいものであり、短期的な需要で上にも下にも大きく動くものであるため、流れをつかむまではとにかく数量を抑えて訓練をつむ以外にありません。
通常の株の値動きと全く流れが変わってきますから、全くの訓練をなしに取引をして暴落に巻き込まれてしまうとあっという間に大きな損失を出してしまうこともあるのです。
IPOというのは短期間で株価が何倍になることもありますが、その一方であっという間に半値以下になってしまうこともありますから、全力で勝負をして暴落を食らってしまうことになると、取り戻すのが難しいぐらいの損失になってしまうこともあります。
そのため、ロットコントロールなども重要となってくるのでできるだけ数量を抑えて、流れを掴んでから許容できる範囲の金額で投資をすることが大切なことになります。
IPOは投機に近い性質があるので、参戦する時にはそのことをしっかりと頭に入れて取引をすることがとにかく重要なポイントとなるのです。